トップ / インプラントの基本知識

インプラントの基本知識

インプラント治療

原因

インプラント治療の流れ

インプラントは、歯を失ってしまった部分にチタン製のネジを埋め込む手術を行います。ですから、治療の前には手術ができる状態かを詳しく検査します。骨とチタンが結合するのを待ってから、ネジの上にかぶせる人工歯を作ります。人工歯は透明感のあるセラミックで作るので、インプラントは見た目がよく、噛み心地も自然という特徴があります。人工歯を装着後は、定期健診で経過を見ていきます。人工のものなので、調子が良くても健診は必ず受けましょう。

歯を失ったらインプラント

子供の頃から虫歯になりやすく、大人になってやむを得ず抜歯になってしまった人もいるでしょう。歯を失うと噛む力が弱くなるだけでなく精神的にも落ち込んでしまう人は多いです。しかしインプラント治療でしっかりとした歯根を埋め込むことで、まるで自分の歯のように噛める喜びを再び味わうことができます。入れ歯とは違って見た目も自然なのでコンプレックスに感じることもほとんどないでしょう。歯は大切な体の一部なので、安易に入れ歯を選択する前にインプラントを検討してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのその後. All rights reserved.