トップ / インプラントの安全性向上

インプラントの安全性向上

インプラント医療機器

原因

インプラント体を埋め込む安全性

インプラント治療の技術は日々進んでいて、こんにちではサージカルガイドという医療器具が登場しています。そのサージカルガイドは、手術で人工歯根を顎の骨に埋め込むときに使用する医療器具ですが、その医療器具を活用することによって顎の骨に穴を開ける正確性が、サージカルガイドを使っていなかった時代に比べて格段に上がったといわれています。そのため人工歯根を埋め込むときに失敗をするというリスクがかなり低いものとなっていて、インプラント治療の安全性向上に一役買っています。

インプラントで治療する

虫歯ができると歯科に行き、ほとんどの場合は医師が治療法を決めていくと思いますが、虫歯の程度が重症だと治療が難しくなり、患者側が治療法を選択して決断することとなります。近年、インプラント治療が発展しており、歯を削ったり抜いたりした後銀の詰め物などをしないので、見栄えも全然気になりません。費用面では若干高額になりますが、長い目で見てみると、こちらの方がいいです。虫歯が出来ないように日頃からのケアが大切ですが、これから虫歯が出来てしまった時は、自然な仕上がりのインプラント治療を選択してみると良いと思います。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのその後. All rights reserved.