トップ / 長く付き合えるインプラント

長く付き合えるインプラント

インプラントは奥深い

原因

インプラント治療とは

インプラントとは何らかの理由によって歯がなくなった部分にチタンで作られた人工の支柱を埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせると言う治療法です。あごの骨に穴を開けて、支柱を埋め込んであごの骨としっかりと結合させるため治療後は強い力で物を噛むことができますし、あごの骨に力を加えることができるためあごの骨がやせるのを防ぐことができます。また、がたつきなどが起こらないので発音にも問題が起きることもなくこれまで通りに話すことができます。インプラント治療後は毎日のブラッシングケアや、定期的な検診を受けるようにすることで長く付き合っていくことが可能です。

欠損歯とインプラント

歯を失った場合の治療方法としてインプラント治療があります。その治療法のメリットの一つとして、ブリッジを行う場合の治療のように被せものをするために歯を削る必要がないということがあります。削ってしまうと傷んでしまい、寿命が短くなることが考えられますが、インプラントの治療では顎の骨に埋め込みますので、周りに影響を与えることがありません。治療を行って噛むという機能の回復を行うわけですが、その回復させる治療によって他の場所にダメージを与えてしまうかどうかということをよく考えて、治療方法を検討することが必要となります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのその後. All rights reserved.